ハワイやグアムで挙式

海外ウェディングをする場合、海外ウェディングの手配会社がありそこを介して式の申し込みをして行きます。そのため、自分たちが英語で式の交渉をするということはほとんどありません。そのため、英語力の面で海外ウェディングを不安視する必要はありません。さらに、グアムやハワイであれば日本語の通じるスタッフや日本人スタッフも多いので海外ウェディングが挙げやすい、安心感が高いと評判です。

グアムもハワイもどちらも日本人が過ごしやすいので、新婚旅行を兼ねても家族や親族にとっても行きやすいオススメの場所です。どちらにも良いところがありますが、アクセスの良さや治安の良さ、ショッピングや観光地が充実しているのはハワイです。それに対してグアムは日本に近いために移動時間が短く体の負担が少ないこと、旅費が抑えられるかつ滞在費用もリーズナブルであることが魅力です。どちらで式を挙げたとしても、ウェディングドレス姿でビーチで記念撮影できるビーチフォトが撮影できたり結婚式らしくハイグレードのホテルに宿泊したりという特別なことをすることはできます。

ハワイもグアムも海の透明度はそこまで変わりませんので、あとは費用の問題や家族の体力といったものと相談をしてどちらかを選ぶのが望ましいと言えます。もちろん主役の二人の希望が第一ですが、お祝いに遠くまでかけつけてくれる友人や家族のこともしっかりと考えてあげましょう。

海外ウェディングのメリット

海外ウェディングのメリットは、外国の美しい景色の中で記念撮影ができることや人とは違うものができるということに目が行きがちですが、他にもたくさんメリットがあります。意外と驚かれるのが式の準備が楽であることとリーズナブルであることです。海外で結婚式と聞くと準備も大変そうですし費用もとても不安になるものです。

しかし、海外で行うということで、出席者を最低限に絞ることができます。会社の人も本当に仲の良い人だけを招待することになりますし、友人もごく近しい人たちだけになります。中には両親と兄弟のみという人もいます。これだけ絞ることによって自然と式費用も抑えることができますし、打ち合わせの回数も減らすことができます。人数が減れば準備物の作成の量も減るので、全体的に自然とコストダウンもできなおかつ手間も省けるようになるのです。

費用の面では、新婚旅行を兼ねて海外ウェディングをすればさらに結婚時にかかる費用を抑えることもできます。結婚すれば実家に足を運ぶ機会も減りがちですから、結婚式前には最後の家族水入らずの旅行をして、式後には新婚旅行を楽しむプランニングにすれば家族旅行と新婚旅行とを兼ねることもでき、満足度はさらに高くなります。